HOME > 前川日記 > 前川日記 2017.4.11.~20.降圧剤の12mm,8mm,4mmをどう組み合わせるかについて、医者と相談。朝日新聞が、共謀罪と治安維持法という関係から、獄死した三木清を取り上げている。戦時下の三木清あるいは尾崎秀実の抵抗と屈折に何を読み取るか、そこに現在の状況を重ね合わせるのは悲観的に過ぎるだろうか。

前川日記

4/11(火)

読み止しの本のページを繰る。
なかなかはかどらない。
本を読む体力気力が落ちている。

4/12(水)

朝日の記事。三木清、尾崎秀実。思索と実践の違いはあるが、戦前の思想的抵抗の最後期。
手元にある三木清の批評集を取り出してみた。京都学派の「世界史的立場と日本」の後に読もうと思っているのだが、その前に読む本が積んである。なかなかたどり着かない。
私の関心事は、戦時下での思考のあり方、というところにある。その意味で、三木清と尾崎秀実の抵抗と屈折に何を読み取るか、そこに現在の時代状況と知のあり方を重ね合わせるのは悲観的に過ぎるだろうか。

午前中から事務局。
決算関係整理、理事会総会通知の確認など。
途中で、一息入れてSINA COVAでジャケット受け取り。
夜、打ち合わせを兼ねて吉田氏と赤坂で一献。

4/13(水)

「ホスピタル悠々」定期診断。
暖かくなったせいだろうか、血圧が安定している。125~75程度。
降圧剤を12mmから8mmにして4mmを予備にするという話をしているうちに、手元に残っている12mmをどうするかということになり、これを半分に割った6mmと4mmを組み合わせて10mmでしばらく行きましょうという。なるほど。
その他、全体的に問題はないが、神経痛が気になる。
右大腿部、ひざ、足首の痛みに加えて、左の手の指にも発症。もう少し様子見。気にしないでおこうということなのだが、気になるな…。
桜は見ごろを過ぎて、葉桜に。

4/14(金)

赤坂の整体院。
手の指の痛みは首から来ているのだろうという。
昼、グラナータでパスタ。
赤坂の桜。都心も漸く散り始めた。
午後、事務局。
プリンターが不調で、EPSONのカスタマーセンター電話。色々調整テストなど。
吉田氏が来たところで、理事選中間集計。終わったら、8時過ぎていた。
近くの稲庭うどんの店で一息。金曜の夜、年度始まりでサラリーマンやOL、新入社員らしい男女で賑やか・・・というよりうるさい。

4/15(土)

法面下除草剤撒く。
この辺りはもともと丘陵の始まりで傾斜地のため、法面が多いのだ。
この1~2年、除草剤効果だろう目立った雑草はなかったのに、今年は隣家との境目にしっかりと生えていて抜けない。除草剤効果は3週間くらいしてからというので、その頃もう一度様子を見よう。
理事選集計をECXELで得票順に整理。EXCELL苦手なので良く分からない。Microsoftアンサーデスクに電話をしたら、親切に教えてくれた。

昨夜遅くなったせいで眠い。午後、ウトウト。

4/16(日)

明日から天気は下り坂という。
洗濯。
暖かい。

4/17(月)

事務局。
税理士さんから決算関係説明。
夕方、学士会館で高校の友人たちの集まり、「茶話会」の今後について庄司氏懇談。
ふと、最近自分は何かについて書いただろうかと思い至り、会の「会報」HPにと掲載した<[自分で自分が生きる時代は選べないが、自分が時代とどうかかわるかは選択できるではないか]-メディア状況の中の「放送人の会」->を庄司氏に送付。

4/18(火)

決算理事会前に今野会長と打合せ。少し早めに出たので青山“スパイラル”で一息。
この店は特に落ち着くということはないのだが、なんとなくこの雰囲気は嫌いではない。
1時間ほどで終了。

4/19(水)

事務局。
理事選最終集計。2年前の投票数が60余票だったのが、今回は105票。関心が高くなったのだろうか。それとも、事前作業の効果か?
候補者15名以内に投票なのに、それを上回る記載があるのは困る。投票全体が無効になる。
総会前作業が山積して事務局スタッフ多忙。

4/20(木)

選考委員会。
投票による15名と推薦理事候補の選定。
あまり大きな問題もなく終了。
監事も1名交代。
これで、この会が活性化すると良いのだが・・・容易ではないナ・・・。


エントリーリスト