HOME > 前川日記 > 前川日記 2017.6.21.~30.来月、高校時代の友人の東大教授のテキストで読書会。久しぶりの「脱構築」にチョット疲れた。ノートが10ページ!

前川日記

6/21(水)

事務局。
9月の「日韓中テレビ制作者フォーラム」関係で協力団体等についてレター。

6/22(木)

夕方、喜多見で掛川さんと食事。
大皿料理「なが田」。なかなか良い。

昼に長女が「(路面からの)の階段どうするの?」と聞かれたことが気になっている。
高齢になって家の出入りの度に階段を上り下りすることを心配してくれているのだ。昭和40年代の造成地域で、多摩丘陵地域だから傾斜地。家は路面から階段を7段ほど下るのだが、蹴込が高いのだ。以前から「どうしよう」と思っていたし、半年前に妻が近所で転んだ時も「階段どうしよう」思ったのだが、ホントにどうするか考える時期に来たということだ。・・・さて。どうしよう。

6/23(金)

この日は何をしたのだろう。

6/24(土)

ウォーキング。
しっかり歩くが、まだ調整段階。
自然道は木漏れ日、住宅街は強い日差し。

6/25(日)

家事作業。
高校時代のクラス会次回「茶話会」は、東大名誉教授の庄司氏のテキストなので、「主権者の社会認識」を読んでノートを作る。こういう作業は久しぶりだ。レポート作成の気分。ノートが10ページ!


自分の書いたものが掲載された本を彼に送ったら、丁寧に読んでくれた。お礼に三冊の著作を贈呈された。頂いた本はやはりちゃんと読まなければ、と思いつつ何となく少し焦点のズレを感じていてそのままにしてあった。今回は、ちょうどいい機会だ、と思ってかなりしっかり読んだ。電車内でも、傍線を引き書き込みもした。車内で立ったままの時も、そんなことをした。それだけ集中できたのは、こちらの関心と焦点があったということだろう。
それにしても、「脱構築」の意味を確認するのにチョット疲れた。哲学思辞典、現代思想の解説書など、書架にある関係しそうな本を降ろしてページを繰った。


梅雨の最中に、なかなか好い夕暮れが訪れた。

6/26(月)

TBS・OB仲間二人と明日箱根でゴルフ。今日はTBS箱根クラブ(寮)で一泊。
会社の寮に泊まるのは久しぶりだ。懐かしい。
ロマンスカーも久しぶり。湯元から途中まで、駅伝コースをバスで上る。これを登るんだから大変だなぁ・・・と思う。

6/27(火)

箱根カントリー。
朝小雨が降っていたが、出かける頃は明るくなってきた。
さすが名門。良いゴルフ場だ。コースも景観も素晴らしい。
素晴らしいが、難しい。イメージトレーニングのお陰だろうか、距離は出る環鵜になったが、安定しない。だから、もっと良くなる、と思うことにする。梅雨の最中、時々霧雨程度。
素晴らしすぎて、写真も撮らず。

6/28(水)

小雨。
事務局。
「日韓中テレビ制作者フォーラム」及び会の紹介パンフの印刷打合せ、など。

6/29(木)

メディカルクリニック悠々。
後期高齢者になったので、TBS健保組合の資格を喪失して1年。
当初は町田市民病院で診察診断をしてもらったが、「ここは、町田でのセンター病院であることが原則です。お宅の近くの病院を紹介しましょう」となってここに通うになった。」
・・・という訳である。
ここは、個人経営の施設であるが、その医師とTBSの診療所で長年お世話になった所長と知り合いだったことが判明。何かと都合が良さそう。


FBのやり取りで、鎌倉時代のことが話題になり、小学校の卒業写真を引っ張り出した。
御成小学校中庭(昭和29年)。前列左端が前川少年。
50年ぶりのクラス会で名乗ったら、「エッ、あの紅顔の美少年が・・・」と、とある女性が絶句したのに、こちらが絶句してしまった。

6/30(金)

午後、今野氏と「日韓中テレビ制作者フォーラム」東京大会のことで協議。共催者の上智大学とこちらのプロデューサーの間でコミュニケーションが上手くない、どうしよう、ということ。


ユニオンに行くには、ちょっと時間が余ったので、青山スパイラルで一息。
今回のオブジェは卵状のもの。窓が開いていて入ってみる人たちもいる。入口状のものが開いてと、人は入りたくなるのだろう。
その後、事務局立ち寄り。夜、総会、グランプリ贈賞式など春のビッグイベントが終わったので、スタッフ慰労。新たに事務局担当となった千葉氏の歓迎も。紀尾井町「小石川」。
6月終了。


エントリーリスト