HOME > 前川日記 > 前川日記 2018.1.15.~1.31.北海道放送故守分寿男氏著「北はふぶき」、「さらば卓袱台」。ローカル局がドラマの可能性を開拓した時代があった。西部邁氏死去。自死という。私は西部氏を買わない。しかし、どの世代にも優れた個性はいるに違いないが、この世代は間違いなくそうだ。青木昌彦(姫岡玲治)、唐牛健太郎、山本義隆、長崎浩、最首悟、平岡正明、野口武彦・・・。60年年代という時代のプリズムを通した思考の乱反射、その光の射程の奥深さこそが大事なのだ。

前川日記

1/15(月)

お飾り外す。
松の内はもともと鏡開きまでだから、今日外すものだろう。今では一週間で外すのが普通になっている。「日記」アップ。どうしてもアップできない写真があるのは何故だ?

1/16(火)

この日は何をしたのだろう。記録を求めてつけると時々こういう日がある。

1/17(水)

事務局。

1/18(木)

北村美憲さんと「駒形どぜう」渋谷店。
昔話も交えて色々。慰安婦問題など。
優れた先行者と付き合えるのは楽しい。

1/19(金)

東急本店で時計修理。
丸善・ジュンク堂で「慰安婦問題とは何だったのか」。昨日の話題の延長。
事務局立ち寄り。

1/20(土)

宅内掃除など。
テレビでスポーツ観戦。
「会報」原稿準備。
放送人グランプリのためのメモ作成。HBC傑作選、TBSビンテージクラシック、NHK「クールジャパン」、など。

1/21(日)

洗濯。
しきりに月曜日の雪予報。災害情報は大事だが、この頃のNHKは天気チャンネルみたいだ。グランプリ用原稿を少しずつ。

1/22(月)

新聞を取ろうとしたら、BOXに図書が届いていた。守分寿男氏著「北はふぶき」、「さらば卓袱台」。札幌の長沼氏の紹介で守分夫人から。HBCドラマ傑作選のネット配信のことを長沼氏に話したら、長沼氏が守分夫人に紹介してくれた、ということ。あり難い。

1960年代から70年代、HBCでは多い時で年間6本のドラマを制作していて、その多くが日曜夜9時に全国ネットだった『東芝日曜劇場』で放送されていた。
当時、HBCの他、CBC(名古屋)、ABC(大阪)、RKB毎日(福岡)のTBS系列局はドラマを積極的に作っていた。HBCには200本の作品が倉庫に眠っていてその内の20本がネット配信されている。「りんりんと」「時計」「ばんえい」「幻の町」「うちのホンカン」(シリーズ)、など、どれも質の高い作品だ。倉本聰等の脚本と守分寿男、長沼修氏をはじめとするHBCの制作者たち、技術、美術スタッフによるまさに<テレビ的映像表現>は、今なおその新鮮さを失っていない。田中絹代、笠智衆、大滝秀治、フランキー堺、桃井かおり、などの演技が北海道の空気にマッチしてあらためて見ていると感動的だ。テレビドラマの原点とその魅力を、北海道の地で文字どおり「開拓」した先人達がいたことはきちんと記録されるべきだ。

昼前から雪降りだす。夕方にはけっこう積もる。
明日朝にはかなりの積雪量になるだろう。

西部邁氏死去。自死という。
青木昌彦(姫岡玲治)、唐牛健太郎、山本義隆、長崎浩、最首悟、平岡正明、野口武彦・・・。
どの世代にも優れた個性はいるに違いないが、この世代は間違いなくそうだ。60年安保と全共闘というプリズムを通した思想の乱反射。その光の射程の奥深さから、どの分野であれ彼らがそれぞれに時代を生きようとしたということが分かる。
60年安保が終焉しブントが解体した時に「姫岡玲治よどこに行く」と書いたのは平岡正明だった。その文章は何処に書かれたのだろう。

1/23(火)

30センチの積雪。
これはやっぱり大雪だ。
外階段の出入りを確保。道路は長女夫婦が雪掻きしてくれた。


夕方、神保町で高校の会合の打合わせ。
早めに出て、南青山でSMYHONを扱っている店でA5ノートパッドを探したけどない。このノートカバーはロンドンのRからのプレゼントなので使っていたい。イトー屋ならサイズの合うものがあるだろうと思って渋谷東横店のイトー屋に寄ってみた。事務用品用のものがあった。お洒落ではないが使えるので購入。
神保町での打合せは、心理学の教授の話。行動心理学と臨床心理学、前者における人間の心理の研究と動物実験の関係、文学部の科目だが自然科学に近いのではないか? など。

1/24(水)

月曜日の雪の時から迷っていたが、戸隠行き決心する。
家人に足元に注意と念押し。
夕方樅の木入り。
バス停から宿までの5分の道が結構難儀。

1/25(木)

吹雪いていたけど滑りに出る。戸隠にしては湿雪で苦戦。昼前に雪が止んで、整備中だった山頂のリフトも動き出した。めのうコースは快適。第5リフトの降り場は-15℃。いつもより短い本数で休憩して暖を取る。それでも3時まで滑った。帰りの林間コースは滑走不能だろう。宿の車に迎えに来てもらった。
宿に戻ってゆっくり風呂に入り、暖炉前で水割り。心地よい疲労と解放感で至福の時が過ぎて行く。

1/26(金)

朝から吹雪いている。ちょっと考えたけど、今日は滑らないで帰ろう。
昨日思ったより良く滑った。感触も悪くない。滑らないで帰るのに未練はない。
10時のバスで降りて長野駅で昼食。
夕方帰宅。
残雪多く、ほんとうに冷えている。
山の寒さとは違う。

1/27(土)

芯から冷える寒さだ。
午前中床屋。
午後、録画してあった映画など見てぼんやりと過ごす。
来週は雑事多い。週末は何も考えないことにする。
未解決事件「赤報隊」ドラマ編みる。感心する。

1/28(日)

日記整理。
未解決事件「赤報隊」ドキュメンタリー編。もう一度見ておこう。

1/29(月)

TBS顧問室立ち寄り後事務局。
PC購入の件。担当の三信グループ、良くやってくれる。

1/30(火)

歌人のケータイが不調なのでdocomoショップでチェック。修理より買い替えの方が良さそう。その場で購入。今のケータイを買った時、長女が世話をしてその時の事情で名義が長女のままだった。ちょっとややこしかったが、なんとか終了。
午後、赤坂「砂場」で高橋君とゆっくり。久しぶりの砂場。

1/31(水)

午前中、マッサージ。ランチはグラナータ。
午後、事務局。
帰宅して夕食後、風呂に入る準備をしていたら固定電話が鳴る。
?何だろうと思ったら、小田急バスの営業所から「バスの定期券を修得したので預かっている」とのこと。エッ!と思って明日取りに行くと伝えて出皮を切ったのだが、落ち着かない。こんな気分のまま一晩過ごし、明日午前中から出かけるのはヤダな・・・よし、今晩中に取りに行こう。タクシーで片道15分ほど。親切に対応してくれた。それにしても、どうして落ちたんだろう。要注意。10年以上前に一度定期券を落としたことがある。その時は、こちらから営業所を探したら届けてあった。今回はシルバーパスなので連絡先が書いてあったので先方から連絡してくれた。

1月終了。


エントリーリスト