会長メッセージ  

 これからの一年のこと

 

 このところずっと、放送人の会の総会、放送人グランプリ贈賞式、懇親会の会場として使わせて頂いていたNHK青山荘が、今年取り壊されるということで、青山荘での総会やその他の催事は今年が最後ということになった。長い間お世話になりましたと御礼を申し上げる。
 来年までに新しい会場を探すということもこれから一年でしなければならない課題の一つとなった。
 現在の理事・監事の任期はあと一年である。そのことも念頭に置いて、これから一年でやるべきことを挙げてみる。
 1. 会員同士の交流のこと
 総会は欠席だったが懇親会には顔を見せた会員がかなりいたようにお見受けした。年に一度くらいは顔を合わせて互いに話をしたいと思ってのことであろう。それならば、忘年会にもう少し顔を見せて頂いても良いのではないか、とつい思ってしまう。誰かの講演を聞いたり番組を上映したりした後の懇親会などが望まれているのかもしれない。その辺りを今年は考えてみようという話も理事の間で出ていることも報告しておきたい。
2. 日韓中テレビ制作者フォーラムのこと
今年の開催地は、中国・湖南省の省都・長沙である。湖南省は毛沢東の出身地であり、長沙の第一師範は毛沢東の出身校である。湖南テレビが主催団体である中国テレビ芸術家協会と共催の任にあたると思われる。
 長沙は中国の内陸にあり、今までで一番遠い。参加する当会の会員は、旅費を自己負担しなければならないので、参加者が少なくなるのでは、という心配もある。個人参加である「放送人の会」と国家組織である「中国テレビ芸術家協会」との差はこういうところに出てくる。当会の補助金は上限が定められているので、いかんともしがたい。
 こうしたことを念頭に、来年、日本で行われる日韓中テレビ制作者フォーラムをどういう理念でやるかを考え、開催地を早急に決めなければならない。日本で開催する時ぐらいは多くの会員が参加できるようにしたいと思う。
3. 会の精神的拠りどころ
 昨年は安保法制案に放送人の会として反対声明を出すべきかどうかを巡って理事の間でも会員同士でも議論がなされた。
 改めて確認したのは、当会は会員の個人の思想・信条を超えて、テレビに対する強い関心や愛着によって支えられているということであった。
その意味で、私は今年の総会に出された二〇一五年度の決算書の中の小さな数字を感慨深く見た。「受取寄付金」94,000円とあった。昨年のこの項は4,000円である。八十歳以上の会員費は五千円なのだが、二十人近い八十歳以上の会員が今まで通り一万円を払ってくれたので、寄付金として受け取った額が94,000円となったのである。総会にも懇親会にもほかの催事にも顔を見せてはいないけれど、当会を精神的拠りどころとしていらっしゃる方は、一般会員にも沢山おられるのだろうとを思うと、胸が温かくなる。ちなみに現在、会員は二百六十名ほどに達している。
 4. それでもやはり参加を
 と、呼びかけたいと思うのは、例えば今年の放送人グランプリの贈賞式での賞を贈る側の言葉と、国谷裕子さんをはじめとする賞を受け取られる側の言葉が、会場に集まった会員や受賞者の皆さんの心を、時に熱くさせ、時に奮い立たせ、時に微笑ませ、そして大きな共感で心を一つにした瞬間を、共有したいと思うからである。今年も「名作の舞台裏」や「放送人の世界」や「ドキュメンタリーワールド」や「日韓中テレビ制作者フォーラム」が催される。気軽にご参加下さるようお願いする次第だ。
 2016年6月
  放送人の会 会長  今野 勉
 
 
 

2016/2017年の理事監事    (50音順)

会長   今野 勉
副会長   石橋冠
前川英樹
渡辺紘史
<理事>   雨宮 望、石井 彰、石橋映里、石橋 冠、伊藤雅浩、加賀美幸子、加藤滋紀、金平茂紀、北村充史、工藤英博、隈部紀生、小池勝次郎、近藤邦勝、 今野 勉、桜井 均、佐々木彰、菅野高至、鈴木嘉一、鈴木典之、曽根英二、田中秋夫、永田俊和、西川 章、西村与志木、林 健嗣、逸見京子、堀川とんこう、 前川英樹、松尾羊一、村上雅通、山田 尚、吉田賢策、渡辺紘史
<監事>   河野尚行、並木章
 
 

各委員会

<各委員会・担当> 
 (■=委員会 □=特別委員会、☆=プロジェクト、★=独立プロジェクト、○=チーフ)
■事業委員会 委員長 渡辺紘史
☆放送人の証言 ○隈部紀生、工藤英博、桜井均、加藤滋紀、北村充史、近藤邦勝、石橋映里
  ★証言出版プロジェクト ○今野勉
☆名作の舞台裏+☆人気番組メモリー[合同] 
  ○渡辺紘史、石橋冠、加賀美幸子、雨宮望、逸見京子、石橋映里、佐々木彰
☆放送人の世界 ○今野勉、前川英樹、菅野高至
☆ドキュメンタリー ○桜井均、小池勝次郎、鈴木典之
☆ラジオプロジェクト ○松尾羊一、石井彰、田中秋夫、永田俊和
☆会員交流(放送人句会)○西川章、伊藤雅浩
☆地域交流 ○村上雅通、林健嗣、曽根英二
■広報委員会 委員長 伊藤雅浩
☆会報 ○伊藤雅浩、鈴木典之、松尾羊一、菅野高至、逸見京子
☆ウェブサイト ○前川英樹、伊藤雅浩
■総務委員会 委員長 前川英樹
  事務局当番 月・菅野高至 水・前川英樹/吉田賢策 金・伊藤雅浩
  事務局長代行 前川英樹
★ 日韓中TV制作者フォーラム [顧問:河野尚行、実行委員長:今野勉]
  ○渡辺紘史、○山田尚、林健嗣、林健嗣、曽根英二、村上雅通、田中則広、牧之瀬恵子
★ 放送人グランプリ ○西村与志木、吉田賢策、逸見京子
  ▲ 「大山勝美賞」選考委員会 ○石橋冠、逸見京子
□ 「大山勝美基金運用委員会」(大山委員会)
 (会長・副会長・総務委員長「日韓中」&「グランプリ」チーフ)
 ・委員長 今野勉、石橋冠、河野尚行、西村与志木、渡辺紘史、前川英樹
□ 「(理事)選考委員会」(会長・副会長・[総務・事業・広報]各委員長)
 ・委員長 今野勉、石橋冠、前川英樹、伊藤雅浩、渡辺紘史
 
 
2015年度業務報告    (2015年4月1日〜2016年3月31日)  
 ※クリックするとPDFで開きます
  →貸借対照表
  →正味財産増減計算書
  →財産目録
 
 
 

放送人の会 定款


 →「放送人の会」定款(※PDFで開きます)

 
 

事務局のご案内

事務局住所:

〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町1-1 千代田放送会館3F

電話&FAX: 03-3221-0019
E-mail: info@hosojin.com
ウェブサイト: http://www.hosojin.com/
 

月水金 午後1時〜5時
上記以外の時間は、留守番電話またはinfo@hosojin.comのメールアドレスをご利用ください。